憲法

天皇制はいつから始まった?天皇制に反対・廃止をする人達の考え。

投稿日:

この記事では天皇制について解説します。

皇室は世界最古の王朝だと言われています。

神話だと天皇は天照大神の末裔だとされていて、第二次世界大戦までは現人神とされていました。

今回は天皇制について解説します。

 

天皇制とは?

1868年江戸幕府の崩壊後に形成され、1889年の大日本帝国憲法発布により確立された天皇による中央集権の国家体制

 

天皇制は広い意味では戦後の象徴天皇制を含みますが、

狭い意味では1889年以降から1945年の敗戦までを天皇制とします。

 

〇大日本帝国憲法での天皇制

大日本帝国憲法ではドイツ型プロイセンの立憲主義が採用されました。

立憲主義とは?

憲法に基づいて政府の政治を行うこと。

日本は憲法を持つことで欧米列強に負けない近代国家としての基礎を作ろうとしました。

この大日本帝国憲法では天皇が主権となっています。

当然、権力の分立はなく、「天皇は統治権を総攬す(=統合して一手に掌握すること)」という形で天皇がすべての権力を持っていました。

天皇にはあらゆる権力が介入できない天皇大権と呼ばれる権限があって、

天皇の単独立法である緊急勅令制定権、天皇の単独行政権である独立命令権、軍を統括する統帥大権などが主なものです。

 

一方、国民は天皇の臣民と呼ばれていました。

人権は天皇から与えらえているという考えだったのです。

憲法に基づき政治を行い主権は君主である天皇にあったため、立憲君主制の政治体制を取っています。

天皇は日本的な立憲君主制の国でした。

 

管理人
天皇にすべての権利があったわけだね!

立憲君主制に関して詳しく知りたい方は、『立憲君主制とは?わかりやすく解説。共和制との違い。戦前の日本も立憲君主制。』の記事をご覧ください。

 

〇日本国憲法の天皇制

広い意味では戦後の象徴天皇の天皇制と捉えられています。

日本国憲法第一条では天皇を日本国と日本国民統合の「象徴」と規定しています。

主権は国民にあり、天皇は国政に関して口出しや一切の機能を有していません。

天皇の国事行為は内閣の助言と承認が必要で、いわゆる「儀式的なもの」に限定されています。

 

管理人
日本国憲法下での天皇の権限はかなり限定されたものなんだね!

 

第二次世界大戦で天皇制はなぜ廃止されなかったのか?

大日本帝国憲法では主権は天皇にありました。

1930年代の他国への侵略戦争時は軍部が政権を握り、天皇を崇拝する天皇制ファシズムという政治政策が取られてました。

戦争に負けた日本に対して世界中は、昭和天皇の戦争責任を追及する声が上がったのです。

これを「昭和天皇の戦争責任問題」と言います。

 

第二次世界大戦後、A級戦犯と呼ばれる主に軍部出身の政治家達は東京裁判にて処刑されました。

天皇は大日本帝国憲法下では軍部のすべての権限を持つ統帥権を持つ国家元首であったため、昭和天皇にも戦争の責任があるという考え方がありました。

否定はの意見としては、立憲君主制に基づき天皇は「君臨すれども統治せず」の立場を貫いていて

1930年代の侵略戦争は軍部の暴走によるものだという主張です。

 

これらの論争は1945年の敗戦から1947年まで続きました。

結局のところ、敗戦後の日本を統治するGHQは日本の統治を容易にするために天皇制を維持する方針を取りました。

戦前の日本では国家元首である天皇を崇拝するプロパガンダが取られていたからです。

全体主義を推し進めていた日本では個人の利益よりも全体の利益を優先する風潮があり、

リーダーとしての天皇を失ったら日本に混乱を招くとGHQは考えたのです。

 

管理人
日本の統治をスムーズに進めるために天皇制は維持されたんだね!

 

現代の天皇制廃止を求める人達の理由

1984年に左翼グループの反天皇制運動連絡会が結成。

1980年代に入ると昭和記念公園の開園に反対していた人達が結成して、反天皇制運動連絡会が結成されました。

彼らは昭和天皇在位60年式典や皇室関連行事に反対して回りました。

 

彼らの主張は「昭和天皇の戦争責任問題」にあるように、

天皇の名の下に戦争を行った第二次世界大戦の責任を取るためには天皇制を廃止するしかないと考えているのです。

 

2019年令和改元の際に、イギリスのBBCニュースは反天皇制運動連絡会にメンバーにインタビューを行いましたが、

1980年代に3,000人ほどいたメンバーは縮小の一途をたどっており、以降メンバーは増えていません。

2019年4月29日のデモに参加した人数は約80人ほどだったBBCは伝えています。

戦争から数十年経ち、昭和から平成をまたぎ令和となった時代に昭和天皇の戦争責任問題は風化しているのは事実かもしれません。

 

管理人
昭和天皇の戦争責任が天皇制廃止を主張する主な理由なんだね!

 

まとめ

この記事では天皇制について解説しました。

天皇制は大日本帝国憲法の発布により確立された立憲君主制の日本的な形態です。

戦前は天皇に主権がありましたが、戦後は象徴天皇という形に変わりました。

天皇制の廃止を主張する人達は昭和天皇の戦争責任を追及する事が主な理由です。

 

NHKが2009年に行った世論調査では「天皇は現在と同じく象徴でよい」と賛成する人が82%だったそうです。

 

 

-憲法

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.