まとめ記事

国民主権と基本的人権の尊重に関するまとめ記事

投稿日:

この記事は国民主権と基本的人権に関するまとめ記事です。

大日本帝国憲法では天皇に主権がありましたが、日本国憲法では主権は国民にあります。

天皇は日本国の象徴として存在しており、政治への参加は認められていません。

天皇の国事行為に関しては内閣の助言と承認を必要とします。

天皇の国事行為とは?具体例をわかりやすく解説。

 

内閣の助言と承認とは?天皇の公的行為は含まれない?

 

日本国憲法では人は生まれながらに基本的人権を有していて、国家といえでも侵すことができない権利と規定されています。

しかし、基本的人権があるからといって無限になんでもできるわけではなくて、

公共の福祉の制約を受けます。公共の福祉とは社会全体の幸福と利益の事で、それに反する場合は基本的人権が成約を受けるのです。

公共の福祉とは?具体例をわかりやすく解説。憲法にて規定。

 

基本的人権を本来の目的に反して行使して、他人の自由と権利を侵害する事を権利の濫用と言います。

権利の濫用とは?憲法12条と民法1条にて規定。具体例(判例)も紹介。

 

基本的人権を有している個人は、社会生活、国家生活において最大限に尊重されることが憲法に規定されています。

憲法の個人の尊重(個人の尊厳)とは?わかりやすく解説。

 

基本的人権は日本国憲法の第3章にて幅広く詳細にわたり規定されています。

これは日本国憲法の三大原理の1つである「基本的人権の尊重」を保障するためです。

基本的人権の保障とは?わかりやすく解説。憲法11条にて規定。

 

日本国憲法は当然日本人に対して規定されていますが、では日本国民たる要件とは何か?

については国籍法にて規定されています。

国籍法とは?1984年と2008年に改正についてわかりやすく解説。

 

近代憲法では民主主義や基本的人権の尊重が規定されていますが、平和主義を規定しており、

なおかつ「戦力の不保持」を規定している憲法は日本国憲法だけです。

平和主義に関しては憲法9条にて規定されています。

憲法9条とは?わかりやすく解説。改正や自衛隊の解釈について。

 

憲法には基本的人権を確保するための権利も規定されています。

国家や地方公共団体に対して主張できる権利が基本的人権を確保する権利です。

基本的人権を確保する権利とは?憲法16条、17条、32条、40条にて規定。

 

基本的人権の1つに「自由権」がありますが、これは国家権力の違法、不当な介入や干渉を排除するための権利です。

自由権とは?精神の自由、身体の自由、精神の自由の3つをわかりやすく。

 

自由権を持っているからといって、人によって差別されてしまっては個人の尊厳を尊重することはできません。

日本国憲法ではどんな人でも国家から平等に扱われることが「平等権」にて規定されています。

平等権とは?事例も交えてわかりやすく解説。

 

 

 

 

-まとめ記事

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.