まとめ記事

資本主義経済の成立に関するまとめ記事

この記事は資本主義経済の成立に関するまとめ記事です。

まずは経済という言葉の意味について解説します。

経済とは何かをわかりやすく解説。近代以降の政治体制

 

経済体制の1つである資本主義経済はイギリスで発展しましたが、

エンクロージャーという囲い込み政策によって資本主義経済が発展する土台ができていました。

農民が仕事を求めて都市部に移り住んで労働者となったからです。

イギリスの囲い込み運動(エンクロージャー)とは?資本主義経済のきっかけ。

 

イギリスでは経済政策として重商主義政策が取られていました。

金銀を蓄積することが国の富として考えられていた政策です。

イギリス発端の重商主義政策とは?わかりやすく解説。アダムスミスが批判。

 

重商主義により国王から特権を与えられた商業資本家は莫大な利益を上げました。

産業革命により商業資本家から産業資本家へと変わっていきました。

商業資本と産業資本の違いとは?問屋制家内工業からマニュファクチュアへ。

 

イギリスの産業革命により、マニュファクチュアから工場制機械工業へと変わっていきました。

マニュファクチュア(工場制手工業)とは?産業革命で工場制機械工業に移行。

 

資本主義経済の初期の段階でアダムスミスは分業を主張しました。

社会的分業についての解説記事はこちらです。

社会的分業とは?わかりやすく解説。資本主義経済は交換に成り立っている!

 

イギリスの産業革命はワットの蒸気機関の改良で発展しました。

イギリスの産業革命をわかりやすく。蒸気機関の改良で工場制機械工業に。

 

資本主義経済は産業革命により確立しました。

資本主義経済とは?わかりやすく解説。社会主義経済との違い。

 

資本主義経済が成り立つためには私有財産制という制度が重要になります。

私有財産制と生産手段の私有とは?わかりやすく解説。

 

資本主義経済は交換によって成り立っています。

何かを手に入れるために何かを犠牲にする事をトレードオフと言います。

トレードオフと機会費用とは?わかりやすく解説。高校生レベルの内容。

資本主義経済の他の特徴に市場経済があります。

市場経済とは自由に競争して市場での需要と供給によって決まる価格を目安にして成り立っています。

市場経済とは?メリットとデメリットを分かりやすく解説。資本主義経済の特徴。

 

初期の資本主義経済では国家はなるべく経済に介入しないようにするレッセフェールが主張されました。

レッセフェール(自由放任主義)とは?アダムスミスが提唱。

 

経済の自由放任主義はアダムスミスによって主張されました。

アダムスミスは主著、『国富論』の中で有名な神の見えざる手という形容をしています。

アダムスミスの思想とは?国富論では『神の見えざる手』は1回しかでていなかった。

 

アダムスミスを代表とする資本主義経済初期の経済学者達はの理論は古典派経済学と呼ばれています。

古典派経済学とは?わかりやすく解説。考え方は自由放任主義

 

イギリスの産業革命後は産業資本主義が確立しました。

産業資本主義は独占資本主義へと進んでいきます。

産業資本主義とは?わかりやすく解説。銀行を中心とした独占資本主義への移行。

 

株式会社制度は1602年の東インド会社よりはじまりましたが、

産業革命によって急速に発展しました。

株式会社制度の歴史と仕組み。独占資本主義経済への発展のきっかけ。

 

イギリスは世界の工場と呼ばれていましたが、世界の工場は中国へと移り変わり、今後はベトナムに移行する事が予想されています。

世界の工場とは?イギリスから中国、そして現在はベトナムに変わっている?

 

-まとめ記事

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.