まとめ記事

社会主義経済の成立に関するまとめ記事

更新日:

この記事は社会主義経済の成立に関するまとめ記事です。

社会主義の概念は資本主義の発展につれて起きる諸問題への批判から始まりました。

人間の平等を可能にする未来社会の建設を目指す理論と運動のことを社会主義と言います。

社会主義とは?簡単にわかりやすく解説。社会主義の歴史も紹介。

 

初期の社会主義は科学的に検証されたものではなくて、空想的社会主義としてエンゲルスによって定義されました。

空想的科学主義者にはロバート=オーエンやサン=シモン、フーリエなどがいます。

イギリスやフランス出身の空想的科学主義者達です。

空想的社会主義とは?代表的な空想的社会主義者を紹介。

 

社会主義の思想が成熟したのはマルクスとエンゲルスによってでした。

マルクスは主著『資本論』の中でマルクス主義を展開します。

社会主義を歴史的視点や科学史的視点から分析したため、科学的社会主義と呼ばれました。

マルクス主義とは?わかりやすく解説。科学的社会主義が確立される。

 

マルクスは『資本論』の中でマルクス主義を展開しました。

資本論の要点は以下の記事をご覧ください。

マルクスの資本論をわかりやすく。マルクス経済学とは?

 

マルクスは『資本論』の中で、アダムスミスが確立した労働価値説を発展させました。

資本家は労働者が生み出す労働力を買って、剰余価値を生み出すという考えです。

労働価値説とは?わかりやすく解説。アダムスミスからマルクスに継承。

 

 

社会主義国家は1914年のロシア革命によって誕生しましたが、

社会主義経済の特徴には、「生産手段の社会的所有」と「計画経済」があります。

計画経済と生産手段の社会的所有とは?わかりやすく解説。

 

 

 

-まとめ記事

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.