憲法

権利の濫用とは?憲法12条と民法1条にて規定。具体例(判例)も紹介。

投稿日:

この記事では権利の濫用について解説します。

日本国憲法では人権が規定されていますが、人権は無限にあり何でもして良いというわけではなく

公共の福祉が人権を制約しています。公共の福祉とは社会全体の利益の事です。

「人権相互の矛盾を調整するために認められる実質的衡平の原理」が公共の福祉です。

つまり、人権をそれぞれが確保するために、他人の人権を侵害してはいけないという事です。

 

今回は他人の人権を侵害してはいけないという内容について解説します。

 

公共の福祉に関しては『公共の福祉とは?具体例をわかりやすく解説。憲法にて規定。』の記事をご覧ください。

 

権利の濫用とは?

憲法第12条にて禁止されている、基本的人権を本来の目的に反して行使し、他人の自由と権利を侵害すること

第十二条
この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

憲法第12条では国民の倫理的指針が示されています。

自由は国民が歴史をかけて手に入れたもので、自由を持ち続けるためには国民は努力をしなければなりません。

しかし、自由だからといって国民が好き勝手にやってしまうと他人に迷惑をかけるようになってしまいます。

例えば、『あの人が持っている時計が素敵だからもらってしまえ』と勝手に相手の財産を奪う人が現れてしまっては、奪われた側はたまったものではありません。

つまり、国民は自由を持ってはいますが、他人の人権を侵害してはいけない、濫用してはいけないと規定されているのです。

 

民法の第1条にも、

権利の濫用はこれを許さない。

と規定されています。

民法では「正当な権利を持っている場合でも、社会的にみて相手方に多大な損害を与える場合は権利を行使できない」という意味で使われています。

例えば、不動産オーナーが家賃を滞納している居住者に対して、強制的に退去させる権利がありますが、その権利は社会通念上行使できないというものです。

過去の例では、家賃を滞納している借主に対して、大家がガス・水道を止めたという事例があります。

貸している大家にとっては家賃を払っていないわけですから、ガス・水道を止める権利を有していると言えますが、

止めてしまうと借主は人間らしい生活ができなくなってしまい生命に影響が出てしまいます。

他にも私道の保有者が他人が通行できないように、私道入り口にバリケードを設置したなどの例があります。

 

民法における権利の濫用に関しては、

権利の行使者が受ける利益と行使される側が受ける不利益を客観的に見てどちらが大きいかで判断されます。

 

管理人
他人の権利を侵害してはいけないって事だね!

 

権利の濫用の具体例

権利の濫用の判例では宇奈月温泉の例が有名です。

 

宇奈月温泉は富山にある温泉地です。

温泉を引いてくる引湯管が長さ何千メートルのうち、わずか6mが他人の土地に入ってしまっていました。

他人の土地に引湯管を通してはいけないというのは当然の事かと思いますが、

土地の所有者からわざわざその土地を購入して、引湯管を撤去するように求めました。

撤去しない場合は周囲の荒れ地も併せて、その土地を高く買い取るように温泉所有者に求めたのです。

 

撤去を求めたのは、所有権にもとづく妨害請求という権利行使ですが、

裁判では認められませんでした。

温泉所有者が引湯管を迂回するためにかかる工事費用が高額になることや、温泉の温度が低下すること、侵害している土地の価格が、要求よりも価値がないこと

などを理由に権利の濫用が認められた判例だったのです。

当事者の利益状況を客観的に見た時に、権利の濫用として権利の行使ができないという判決です。

 

管理人
確かに土地を侵害してはいるけど、損害がすごいから行使できなかったってわけだね!

 

まとめ

この記事では権利の濫用について解説しました。

憲法12条では他人の自由と権利を侵害することが権利の濫用とされています。

民法1条では権利の濫用は、権利を行使する最もな理由があっても客観的に利益を勘案した時に相手方の不利益が大きすぎる場合は行使ができないという性質のものです。

-憲法

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.