まとめ記事

日本国憲法の成立に関するまとめ記事

この記事では日本国憲法の成立に関するまとめ記事です。

太平洋戦争の敗戦によって日本はポツダム宣言を受け入れました。

ポツダム宣言はドイツの郊外ポツダムにてソ連、アメリカ、イギリスによる会議でした。

ポツダム宣言とは?わかりやすく解説。ポツダム宣言受諾は8月14日

 

ポツダム宣言では日本の敗戦後の戦後処理について話し合いが行われました。

ポツダム宣言には日本の統治が定められていたのです。

GHQの占領政策はいつまで続いた?司令官マッカーサーによる対日占領

 

ポツダム宣言を受諾するという事は、戦争放棄や人権を保障するためだったので、

必然的に憲法の改正が求められました。

当初は内閣が憲法問題調査委員会を設置しましたが、作られた草案は大日本帝国憲法となんら変わらないものでした。

憲法問題調査委員会と松本烝治による松本試案とは?国体護持は受け入れられず

 

新しい憲法に関しては民間からも草案が提出されました。

マッカーサー草案作成に大きな影響を与えた内容でした。

憲法研究会の憲法草案要綱とは?メンバーは知識人から構成。

 

マッカーサーはGHQ民政局に憲法草案の作成を指示した際にマッカーサー三原則を出しました。

マッカーサー三原則とは?内容をわかりやすく解説。

 

マッカーサー草案の内容はこちらです。

マッカーサー草案とは?日本の政府が憲法改正案を第90帝国議会にて可決

 

マッカーサー草案は日本国憲法の原型となりましたが、

プロセスは憲法改正案が日本政府によってとりまとめられ、第90帝国議会にて可決されました。

日本国憲法の三大原則(基本原理)とは?わかりやすく解説。憲法前文の文章全文。

 

大日本帝国憲法と日本国憲法の違い一覧は以下の記事をご覧ください。

大日本帝国憲法と日本国憲法の違いを解説!

 

 

-まとめ記事

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.