憲法

基本的人権を確保する権利とは?憲法16条、17条、32条、40条にて規定。

投稿日:

この記事では基本的人権を確保する権利について解説します。

日本国憲法では三大原則の1つとして、「基本的人権の尊重」があります。

日本国憲法の第三章では広範囲にわたり詳細に基本的人権が保障されています。

しかし、人権を実現するための具体的な制度が無ければなりません。人権を実現するための権利に関して、基本的人権を確保するための権利があるのです。

基本的人権に関しては『人権とは何か?基本的人権についてわかりやすく解説。戦後の世界的人権保障』の記事をご覧ください。

 

基本的人権を確保するための権利とは?

請願権、損害賠償請求権、裁判を受ける権利、刑事補償請求権にて基本的人権を実現するための権利がある

 

〇請願権(憲法第16条)

請願権は国や地方公共団体に対して広く、その職務権限に関する事項について要望を述べる権利です。

何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有しているとされています。

〇損害賠償請求権(憲法第17条)

公務員が不正行為を行った場合は、その損害に関する損害賠償は公務員個人だけではなく、むしろ国家や地方公共団体が損害賠償を行うことを憲法17条では規定しています。

具体的な請求方法は国家賠償法にて定められており、損害賠償を請求する権利が個人にはあります。

〇裁判を受ける権利(憲法第32条)

誰もが裁判所にて裁判を受ける権利です。

すべての人が自己の権利が害されたり、自由を奪われた時に政治から独立した司法にて裁判を受けることができます。

〇刑事補償請求権(憲法第40条)

拘留または拘禁された人が、罪が晴れ無罪の裁判を受けた時に国に対して保障を求めることができる権利です。

 

日本国憲法ではこれらの権利が基本的人権を確保する権利として明記されています。

 

管理人
具体的に実現するための権利なんだね!

 

基本的人権の保障に関しては『基本的人権の保障とは?わかりやすく解説。憲法11条にて規定。』の記事をご覧ください。

まとめ

この記事では基本的人権を確保する権利について解説しました。

憲法では第3章にて広く詳細に基本的人権が保障されていますが、その人権を確保するために権利が規定されています。

 

-憲法

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.