経済

イギリスの産業革命をわかりやすく。蒸気機関の改良で工場制機械工業に。

投稿日:

この記事ではイギリスの産業革命について解説します。

イギリスの産業革命は18世紀後半に起こりました。

それまではマニュファクチュア(工場制手工業)により、分業・手作りという生産方式でしたが、

産業革命により機械が導入されて工場制機械工業へと生産方式が変化していったのです。

今回はイギリスの産業革命について解説します。

 

イギリスの産業革命とは?

道具から機械へと生産手段が変化したことで、産業上の飛躍的発展が起こり、経済、社会組織が劇的に変化すること

産業とは?

人々が生活する上で必要とされるものを生み出したり、提供する経済活動のこと

中学校の社会では産業を第1次産業(農林水産業)第2次産業(工業)第3次産業(運輸、金融、サービス業)に分けて学習したかと思います。

この第2次産業をから始まり、経済・社会を劇的に変化させることを産業革命と言います。

 

18世紀後半のイギリスではじまり、19世紀にはいると欧米諸国や日本へ波及しました。

イギリスの産業革命はワットによる蒸気機関の改良による、マニュファクチュアから工場制機械工業へ発展して急速に工業が進歩したのです。

蒸気の力を動力に得る機関は18世紀後半にワットがそれまでの往復運動から蒸気機関を得ぬん同するものに改良しました。

これにより蒸気機関が様々な機械に応用されて、産業革命の原動力となったのです。

また蒸気機関を動かすために燃料である石炭にも脚光が浴びるようになります。

 

産業革命は綿工業への機械導入から始まり、この技術革新は、

機械工業、鉄工業、石炭業といった重工業にも広がります。

さらに蒸気機関の改良で、鉄道や蒸気船などの交通にも飛躍的に便利になりました。

 

管理人
工場の生産に機械が導入された事で、産業革命が始まるんだね!

 

資本主義経済の確立

産業革命により「産業資本家」が登場します。

産業資本家は工場という資本を保有していて、自由放任主義経済の下、自らの利益を拡大するために

労働者を雇用して、機械を導入した工場にて大量に生産を行います。

 

イギリスではエンクロージャーにより農民が仕事を求めて都市部に移り住んだという背景があり、

毛織物を中心とする工場制手工業により、資本主義経済は広がりを見せていました。

羊毛から毛織物工業が発達して、毛織物を輸出することで利益を得て資本蓄積が進んでいったのです。

この工場制手工業の発展の時期は資本主義経済の準備と見なされています。

 

管理人
資本家が労働者を働かせる構図が産業革命で確立するんだね!

 

まとめ

この記事ではイギリスの産業革命について解説しました。

産業革命は蒸気機関の改良による技術革新と、資本蓄積により貯められた資本と、農村部から都市に移り渡ってきた労働力の3つが合いまった爆発的に社会が変革した革命の事を言います。

綿工業への機械の導入から、重工業が発達して、交通網も整備されていきました。

18世紀のイギリスで起こり、その後欧米諸国や日本へも広がりを見せたのです。

産業革命により、資本家と労働者という構図の資本主義社会が確立しました。

一方では、貧富の差が拡大して労働者の権利が損なわれるといった問題や、環境問題も起きました。

-経済

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.