民主主義

議院内閣制と大統領制の違いをわかりやすく解説。メリットデメリット。

投稿日:

この記事では議院内閣制と大統領制の違いを解説します。

共和制の政治体制を取っている国では国民が選んだ元首、大統領が存在するという解説を以前しました。

近代になって君主制を廃止する形で共和制が誕生したかたからです。

立憲君主制と共和制に関して詳しく知りたい人は、『立憲君主制とは?わかりやすく解説。共和制との違い。戦前の日本も立憲君主制。』の記事をご覧ください。

今回は結論からお伝えしますが、

議院内閣制と大統領制の最大の違いは行政府の首長が、議会から選ばれるのか、それとも国民から選ばれるのかが最大の違いです。

今回は議院内閣制と大統領制について詳しく見ていきましょう。

 

議院内閣制とは?

議会、特に下院の信任に基づいて内閣が存在する制度

議院内閣制では議会の多数派が内閣を組織して、その議会の信任の下に政治が運営される制度です。

つまり、議会の信任を失えば責任を取らなければなりません。

議会と内閣がともに協力し合っている関係ということなのです。議会の信任が無ければ行政部の首長が誕生しないわけですからね。

内閣総理大臣は通常、下院の第一党の党首が議会によって選ばれます。

内閣を構成する閣僚は下院の議院によって構成されます。

議院内閣制

長所は議会と内閣の対立ないために常にスムーズな政治運営ができます。

三権分立の中でも議会の地位が高く、内閣を厳格に統制することが期待されています。

議院内閣制がイギリスで発展した背景には、マグナカルタ以来、議会が王権との長い権利獲得の戦いを繰り広げたという歴史があります。

短所は権力間の独立性が薄いことです。

そして内閣は議会の信任に基づいているとはいえ、国民は議会にしか投票する権利がないため、国民の意思が行政に反映されにくいということです。

 

管理人
議院内閣制は『責任内閣制』とも呼ばれるね!政党の力が重要なわけだ。

 

大統領制とは?

国民によって行政府の首長が選ばれて、議会に対して高度な独立性を持つ体制

大統領制の場合は、議会と大統領との間は独立関係が成立していて権力間の分立は極めて高いのがポイントです。

大統領は議会とは無関係に国民の直接選挙で選ばれるのです。

大統領制

大統領制では厳格な権力分立を前提としていて、三権が対応関係のうちにバランスを取っています。

国民の意見が大統領選挙の際に反映されるため、行政に国民の意思が反映されやすいというメリットがあります。

議会には議院内閣制のような優位はなく、大統領は議会に対して責任を負いません。

そのため、議会と大統領が対立することが度々あります。

 

行政の長である大統領に権限が集中する傾向があり、強力なリーダーシップを発揮できます。

 

管理人
三権が厳格に分立してるってのはモンテスキューの精神を受け継いでいるわけだね!

 

その他の政治体制

議会がから誕生した行政府の首長を首長、国民から誕生した方を大統領

といった具合で定義しましたが、議員内閣制と大統領制とは別の政治形態をとっている国もあります。

政治制度

 

〇民主集中制

中国などの社会主義体制の国では、共産党等の1つの政党が政権を掌握しています。

欧米諸国のように個人の人権の保護を基盤として国家体制ではなく、共産主義という政治観念を持っているため、独自の制度で国を統治しています。

権力集中制とも言います。

 

〇混合政体

議院内閣制的要素と、大統領制的要素の両方を併せ持つ政治体制。

ドイツやフランスなどが代表的な国で、首相と大統領の両方が存在します。

 

管理人
フランスは大統領の方が権限が強くて、ドイツは首相の方が権限が強いんだよ!

 

まとめ

この記事では議院内閣制と大統領制の違いについて解説しました。

日本やイギリスなどの君主が存在する立憲君主制の国では議院内閣制が発展してしやすく、

君主制を廃止して共和制を導入した国では大統領制が発展しやすかったという歴史的経緯があります。

アメリカはモンテスキューの三権分立の精神を色濃く引き継いでいますね。

-民主主義

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.