憲法

大日本帝国憲法の特徴をわかりやすく。伊藤博文はドイツ憲法を参考にした。

投稿日:

この記事では大日本帝国憲法の特徴について解説します。

大日本帝国憲法は板垣退助などを中心とする自由民権運動の高まりから、

憲法を中心とした政府の運営(立憲主義)を求める国民の声を中心に議論が起きました。

政府もまた、憲法を持つことで近代国家としての基礎を作る事を目指しました。

欧米列強と肩を並べられるように、不平等条約の改正活動に始まる、追い付け追い越せの精神があったのです。

近代国家のはじまりでは憲法を持つことが近代国家の条件というう風潮がありました。

今回は大日本帝国憲法の特徴について解説します。

 

自由民権運動に関しては、『自由民権運動とは?板垣退助を中心人物に政府を批判した政治運動。』の記事をご覧ください。

 

大日本帝国憲法とは?

プロイセン憲法を模範としてドイツ型立憲主義を採用した明治憲法

大日本帝国憲法は1889年2月11日に交付されて翌年の11月29日に施行されました。

 

制定の動機は冒頭に述べた通り、自由民権運動の高まりと欧米列強との対等外交の実現です。

1882年に参議の伊藤博文は政府の命を受けてヨーロッパに渡り憲法の調査を行いました。

伊藤博文はベルリン大学やウィーン大学の教授より、

『憲法はその国の歴史や文化、伝統に立脚したものでなければならない』

というアドバイスを貰い、当時のドイツが君主の力が強く法治主義的思想であり、

日本の天皇制と近しい部分があったためドイツ憲法を参考にしたと言われています。

 

起草人は伊藤博文の他に伊藤巳代治、金子健太郎、井上毅がいます。

大日本帝国憲法の起草は1883年頃から始まりました。

1886年頃からがロエスレルやモッセなどの外国人法律家の助言を得て、憲法草案を書き上げました。

 

自由民権運動活動の一環として、民間から私擬憲法が提出されましたが、

政府は1887年に保安条例を出して私擬憲法の作成を禁止しています。私擬憲法の内容は憲法の制定に影響する事はありませんでした。

私擬憲法に関しては、『私擬憲法草案とは?わかりやすく解説。植木枝盛の日本国国憲按が有名。』の記事をご覧ください。

 

管理人
大日本帝国憲法は立憲君主制のドイツの憲法を参考にされたんだね!

 

大日本帝国憲法の特徴

天皇を中心とした立憲君主制の憲法

立憲君主制に関しては『立憲君主制とは?わかりやすく解説。共和制との違い。戦前の日本も立憲君主制。』の記事をご覧ください。

 

大日本帝国憲法は天皇主権が軸となっています。

君主である天皇を中心として、憲法に従って政府が国を運営していくという制度です。

「天皇は統治権を総攬す(=一手に掌握する)」となっていました。

あらゆる権力が介入できない天皇大権と呼ばれる権限があったのです。天皇大権とは帝国議会の協力なしに行使できる権利という事です。

帝国議会 → 天皇の協賛機関(協力)
内閣 → 天皇の輔弼機関(助言)
裁判所 → 天皇の名の裁判
枢密院 → 天皇の諮問機関(相談役)

上記のカッコ内の文字を読んで頂いてもわかる通り、それぞれの機関は天皇に協力や助言や相談を行う役割でした。

大日本帝国憲法下の統治機関は帝国議会、内閣、裁判所、枢密院が主なものですが、

決して立法権や行政権を持つものではなく、あくまで天皇に対する補佐的な役割を果たす機関でしかありませんでした。

 

天皇大権では、

緊急勅令制定権 → 天皇の単独立法権
独立命令権 → 天皇の単独行政権
統帥大権 → 軍を統括する権利

が主な内容です。

さまざまな形で、天皇に対して強大な権限を認めている憲法となっていました。

天皇に対して国民は、臣民と呼ばれていました。

臣民とは?

君主に支配される民。

天皇の恩恵の一部として、自由権、裁判請求権などの権利が認められていたのです。

現在の日本国憲法のように国民の自由が広く認められていたわけではなく、天皇から与えられているという認識でした。

そのため1925年の治安維持法に代表されるように激しく人権を制圧する立法も可能だったのです。

大日本帝国憲法の臣民権利義務でも、「法律の定めるところに従い」「法律によるのでなければ」とされています。

 

管理人
とにかく天皇を中心した憲法だったんだね!

 

まとめ

この記事では大日本帝国憲法について解説しました。

だ日本帝国憲法は自由民権運動の高まりによる国民からの憲法制定要求と、欧米諸国と肩を並べ近代国家として認められるという明治政府の気持ちから制定されました。

大日本帝国憲法は天皇主権となっており、あらゆる機関が天皇を補佐するための機関だったのです。

-憲法

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.