まとめ記事

大日本帝国憲法に関するまとめ記事

投稿日:

この記事では大日本帝国憲法に関するまとめ記事です。

大日本帝国憲法の内容だけではなく、大日本帝国憲法という君主に主権がある憲法による政治的出来事もまとめています。

大日本帝国憲法は天皇を統治権の総攬者とする中央集権の国家体制に成り立っています。

天皇制が確立します。

天皇制はいつから始まった?天皇制に反対・廃止をする人達の考え。

 

1880年代には議会を開くことを要求する自由民権運動が起きました。

自由民権運動は激化して暴動事件なども起きたのです。

自由民権運動とは?板垣退助を中心人物に政府を批判した政治運動。

 

明治新政府に勝手に憲法を作らせないために民間からも憲法の案がいくつも出ました。

これらの民間案を私擬憲法と言います。

私擬憲法草案とは?わかりやすく解説。植木枝盛の日本国国憲按が有名。

 

 

私擬憲法案は採用されることなく。大日本帝国憲法は明治政府主導で作られました。

起草には伊藤博文があたり、ドイツの憲法が参考にされました。

大日本帝国憲法の特徴をわかりやすく。伊藤博文はドイツ憲法を参考にした。

 

大日本帝国憲法は外見上は立憲主義の形を取っていますが、実際は立憲主義を否定する統治形態でした。

これを外見的立憲主義と言います。

外見的立憲主義とは?明治憲法はプロイセン憲法を習った欽定憲法。

 

大日本帝国憲法では主権は国民ではなく天皇でした。

天皇にはいかなる権力も介入できない天皇大権という権利が備わっていました。

天皇大権とは?わかりやすく解説。統帥権の独立についても。

 

大日本帝国憲法では人権が保障されていましたが、これは「法律の範囲内」とされていて、

法律に基づく限り、個人の権利は保障されるという性質です。これを法律の留保と言います。

法律の留保とは?わかりやすく解説。「法律の範囲内」が臣民の権利。

 

大日本帝国憲法に基づく立法機関は帝国議会です。

帝国議会に関しては以下の記事をご覧ください。

帝国議会とは?仕組みをわかりやすく解説。衆議院と貴族院の二院制!

 

憲法には天皇の最高諮問機関として枢密院が規定されています。

枢密院はもともとは憲法作成のために作られた機関でしたが、その後も大きな政治権力をふるいました。

枢密院とは?わかりやすく解説。天皇の最高諮問機関。

 

大正デモクラシーが起きると法的拘束力はない物の、衆議院議員選挙の第一党の党首が総理大臣を務めるという憲政の常道が定着します。

憲政の常道とは?わかりやすく解説。政党政治の慣例。法的拘束力は無し!

 

憲政の常道は長くは続きませんでした。

軍部の台頭により日本は二二六事件以降、軍国主義へとなります。

軍国主義とは?帝国主義との違いをわかりやすく解説。ファシズムへの道。

 

大日本帝国憲法では法律の範囲内で人権が保障されていました。

逆を言えば、人権を保障しない法律が制定されれば、法律に従わなければなりません。

象徴的な法律として、治安警察法や治安維持法があります。

治安警察法と治安維持法とは?わかりやすく解説。目的と犠牲者など。

 

1931年には政党政治が軍部の暴走を止められなくなる事件、満州事変が起きます。

満州事変とは?簡単にわかりやすく解説。軍国主義突入への道。

 

軍部によりクーデターは勢いを増して、五一五事件や二二六事件が次々と起きるのでした。

五一五事件と二二六事件についてわかりやすく解説。憲政の常道終了と軍国主義へ

 

軍部により軍国主義をより確かなものにするために国家総動員法や大政翼賛会が制定されます。

国家総動員法と大政翼賛会とは?わかりやすく解説。軍国主義への道

 

明治初期から第二次世界大戦まで神道は天皇制、国家主義思想のイデオロギーとして国民の思想統一に利用されました。

これを国家神道と言います。

国家神道とは?わかりやすく解説。天皇中心のイデオロギーとして利用された。

 

軍国主義の最終的な結果として日本は太陽戦争へと突入します。

太平洋戦争についてわかりやすく説明。軍国主義の結果。

 

-まとめ記事

Copyright© 政治経済をわかりやすく , 2019 All Rights Reserved.